地域木材を活用した加工・新商品開発事業

<事業内容>

 林業業界では、国有林・町有林・私有林を対象に、春の植林から、保育、間伐、病害虫防除、主伐(収穫)、そしてまた植林と、自然を相手に一年間休むこと無く業務が発生する。一方で林業に従事する労働者や後継者は不足しており、地域林業事業体の課題となっている。一つには人材育成、林業を知ってもらう事。そして、成長して間伐あるいは主伐(収穫)されたカラマツ人工林が適正な価格で市場に流通し、収益があがり、また森林整備が繰り返されるような持続可能な循環型システムが必要と考える。そのためには、木材を『生産物』として付加価値をつけ、今まで以上の価値を見出していく事やこれらと連携した商品作りが急務といえる。実践メニューでは、地域材利用を促進するため、地域で生産されたカラマツ材を利用した木製品を開発する。また、物産展や、商談会などにも参加し、開発商品に対する理解を深め、更なる商品開発に活かす。委託事業終了後も、実践支援員を中心に、地域林業関係団体とのつながりや連携を活かし、継続した販路拡大、波及的な雇用創造を目指す。


<事業で開発する成果物の具体例>

 中標津の地域材であるカラマツ材を使用した本棚、額縁等その他木製品。木育につながる玩具等の作成研究をする。この開発期間で養われた地域関係者との連携や商品開発に関するノウハウの蓄積。


<事業で開発した成果物の具体的な活用方法>

 開発された商品は事業終了後において、地域林業事業体組織で引継がれ、さらにブラッシュアップを行い、地域内外で販売していく。成果物である新商品の開発ノウハウなどは事業に関わった関係者や実践支援員の人材育成となる事が期待される。開発ノウハウ、実践型事業の活動や木製品販売の情報が、地域各事業所の事業拡大や協賛事業等に繋がり、地域内で新たな雇用創出が期待される。

<事業実施期間及び実施スケジュール>

 平成27年7月〜平成30年3月





【事務局・お問い合わせ先】
中標津町地域雇用創造協議会
〒086-1197 北海道標津郡中標津町丸山2丁目22番地 中標津町役場内
TEL:0153-72-4154 FAX:0153-72-7654

Copyright (C), Nakashibetsu Town Office.All Rights Reserved.